子宮がん検診

次の手順で行います。
 はじめに、綿棒またはブラシによる「細胞診」を行い、異常細胞が見つかった場合に「コルポ診」で子宮頚部を拡大して異常部位をみつけます
 異常部位が発見されたら、その場所を狙って組織検査を行います。
 子宮頸がんの原因であるヒトパピローマウィルス(HPV)の検査も行っています   (トピックスでは、病気や検査法について解説します)