コルポスコープ-子宮頸がん検診

施設写真

コルポスコープ診とは、主に子宮頚部や腟壁を拡大して精密に観察する検査のことで、子宮頚がん精密検診では必ず行います。6~40倍に拡大して観察することが可能ですので、肉眼では見られない病変を発見できます。的確な部位からの生検が行われるために不可欠な検査法です。